スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビアンセアンス

灯明

例えばこの灯。
このように仏や神に供えられた灯火は、息でなく手や扇で消します。何故かはおわかりだと思いますが、此も天と地との関係を中心として継承された儒教の平和観であり、そして何より_無駄のないです。故に貴方の「つぶやき」は、貴方が二万年生きたとしても無駄なのです。言葉が無駄なのではありません。非礼が無駄すぎるのです。
スポンサーサイト

マケズ

先日18日、NHKが釜石沖の漁場調査のようすを映していた。
1ヶ月前まで多数の漂流物で覆われていた沖合1㎞の地点で行われた"はえなわ"による調査漁_しかし、その収量は150匹と例年と大差ない良好なものであった。心配された海底の瓦礫も殆ど見られなかった。撮影された映像に、首だけ差し出し集まる漁師の男達の顔といったらなかったし、その目は間違いなく自分や家族のアシタを見つけていた。私の義父は左官工、兼漁師であるが、あの屈託のない笑顔で酒を注がれるとどんな時も、何度でも逆らえないのであるが_ソウイウモノニ ワタシもナリタイ

敬天愛人

橋下府知事の「式典での国旗掲揚の問題」に対しての声を数日追った_
今朝も少し違うところを追ったが(苦笑

それは権利と義務の抗争であったように思うが、やはりタダ乗り出来る権利を主張する者は何故か必ず義務を嫌い、亡きモノとする。そして国家への従属を危険だとしながら、国法に寝そべる。

"不起立の教員"
らは何かに気付かないのではなく、態と起立していないのだから、そんな反逆者に対して儀礼を成文法で単に義務化したところで意味はないし、例え立派に叫んでも法の穴から出てきやしないのである。
橋下府知事の言うように罰則を規定しないと彼らの排斥は永久に出来っこない。しかし、問題はイカレている事に勿論気が付かない彼らでは無い。彼らに教育される生徒がいると言うことが大問題なのであって、君らがかぶるグローバルなズラ(育毛剤含む)でも有り得ない事態となってしまった。

_と、書いてみたがこれでは唯の保守丸出しである。
いつものように理論も何も無い。
でもよく考えて欲しい。法は何を拠り所に作られたのかを

君たちが忌み嫌う
人の深部にある精神や、社会的な習俗などからではないのか。法が法から生まれた訳でもあるまい。

だからこそ人は人の教育は誤ってはならない。
法治国家とは先ずソコだろう_


勁草

震災から二ヶ月。既に、いや随分前から私の国のマスメディアは、原発と東電につらなる諸々の問題をどぅ売るか?で忙しいようです。まさしく商業ジャーナリズム_書きやすい種がそこに有るのでしょうが、論壇の罠がやはり仕組まれています。ですが確かにそれらも大きな問題ですから、今は一刻も早くその種が割れることを願うばかりです。
しかし、忘れてほしくないのは彼らがいまも書き出すその部屋は、雨が降っても寒くありません。風が吹いても寒くありません。日が陰ろうが寒くはないのです。書くことに最適な情報と環境で得られた事は_結果として何なのでしょうか?種を育てる気など更々ない筈です。


命のつかいみち」 blog"石巻こども避難所クラブ"より


管理人の方の行動の是非など、どうとでも捉えられます。勿論、それは貴方次第です。
私はタイトル通り捉えました。

勇気

飯舘村・菅野典雄村長インタビュー(東洋経済web)


いまこの時に_愛、寛容、同情、憐れみを懐抱しようと叫ぶ飯舘村長に、私は私の心と体を奮わせる勇を感じます。この覚悟を無視する者を私は必ずや軽蔑します。首都であろうと相手にしません。

「勇とは、人が恐れるべきことと、恐れざるべきことの区別である」
プラトン

不審

私の問いに、故ラブレー氏の不審にいったいどれ程の日本人が答えを提示することができるだろう。
記事の後、お一方は答えをわざわざ提示して下さった。
いや、提示してくれるまでもなく私はそうだと知っていた。
だからマイブレスに迷わず入った。

もう一度、武士道の序文を理解してもらいたい。
いまなお宗教教育など受けていない我々_
いまこの刻に個人の自由を希う貴方は欧米諸国の人々より、人の倫(みち)を理解しているだろうか。その上で貴方は貴方の主義を主張しているのだろうか。どこの国民だろうと、己のOSを答えられない人間は信用されない。人として相手にされないのだ。
君たちが揶揄する"ひからびた日本の標本の一つ"は、私達のホームシックを埋める唯の灯火だろうか。いや、もぅハッキリ言う。そう思うのであれば、貴方達の識っているような道徳とは、人というものの創世記にまで遡るのではないか_。

名誉は
胸に着けるものにあらず
身に受けるものにもあらず
ただただ己の行動に思うことにある。

それは何の祈り



志津川は西の明石、東の志津川といわれる真蛸、水蛸の名産地です。
志津川湾の生態系の食物網がどう変化したのかしないのか_
祈るしかありません。

私達は
手の届かぬ事に子供のように駄々をこね、
手の届く事を祈るばかりではいけません_よね。
七人の侍
Personal

管理者: buhensha / 武辺舎
マイブレス会員
e-mail:buhensha@gmail.com

本舎 "もののふの営舎" http://buhensha.blog66.fc2.com/ の更新は、暫く休止します。
"もののふの剱"を天と地に翳し、被災した仲間らと歩みとう存じまする。

buhensha / 武辺舎

Latest
Comments
Categories
Admin
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。