スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の花が咲いたら花見をする_
それは小さな活動の為ではない。

私は"いくさば"など知らなぬ武夫である。しかしながら、振り向いたそれの背景は、それなのだろうか、いや、知らぬからもっと言えば、あれらが武夫やその杖なら_まだ甘受もできたと思いたい。凄惨である。それ以下ではない。
_恐惶謹言

武夫が
桜の頃、いちど戻る筈だ
存分に気の触れたお前らが、嗚咽して泣けるように
儚さを憂い、詠えるよう

桜の花の下で待つ

Comment

非公開コメント

七人の侍
Personal

管理者: buhensha / 武辺舎
マイブレス会員
e-mail:buhensha@gmail.com

本舎 "もののふの営舎" http://buhensha.blog66.fc2.com/ の更新は、暫く休止します。
"もののふの剱"を天と地に翳し、被災した仲間らと歩みとう存じまする。

buhensha / 武辺舎

Latest
Comments
Categories
Admin
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。